1. TOP
  2. 事件
  3. 殺人事件
  4. 【神戸市北区5人殺傷事件】逮捕の26歳の孫「誰でもいいから攻撃しようと思った」と供述

【神戸市北区5人殺傷事件】逮捕の26歳の孫「誰でもいいから攻撃しようと思った」と供述

2017年7月16日に神戸市北区で起こった5人殺傷事件で、竹島叶実容疑者は「「誰でもいいから攻撃しようと思った。自宅にあった包丁を使った」と供述しているという。

竹島叶実容疑者

無職の26歳。

神戸市北区有野町の住宅で、同居する祖父母であるいずれも83歳の南部達夫さんと南部観雪さん夫婦を殺害した疑いがある。近所に住む79歳の辻やゑ子さんも殺害した疑いもある。

また、近くの路上で、南部さんの52歳の娘と近所の65歳の女性も殴ったり切ったりして重傷を負わせたと見られている。

近くにある有間神社で血の付いた刃物と金属バットを持っていたため、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された。5人を刃物やバットで襲ったとして、殺人や殺人未遂の疑いもあるようだ。

カンタはこう思う

容疑者は、親族だけでなく、近所に住む人も襲ったようだ。

一体、何が容疑者をそのような凶行に駆り立てたのだろうか。

参考資料:
・『5人殺傷 逮捕の26歳孫「誰でもいいから攻撃」』、NHKニュース、2017年7月16日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170716/k10011061231000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!