1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 兵庫ニュース
  5. 神戸市ローカルニュース
  6. 神戸港で「ヒアリ」100匹確認 ポートアイランド 住宅街まで2キロの場所

神戸港で「ヒアリ」100匹確認 ポートアイランド 住宅街まで2キロの場所

2017年6月18日、人工島ポートアイランドにある神戸港のコンテナヤードで強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」が目視で約100匹ほどが確認された。巣穴も確認されたようだ。

5月に神戸港に到着した貨物船のコンテナ内から国内で初めて「ヒアリ」が見つかったことが報道された。

このコンテナは、5月20日に到着し、25日まで神戸港で保管されていた。なお、このコンテナが開封された尼崎市内では他のヒアリは見つかっていないという。

今回ヒアリが見つかったコンテナヤードは、住宅街まで約2キロの距離にあるという。

カンタはこう思う

海外から持ち込まれた強毒性の虫といえば、「セアカゴケグモ」が思い出される。当時も「セアカゴケグモ」の駆除に躍起になっていたようだが、現在となっては日本に住み着いた状態になっている。

ヒアリもそのようになってしまうのであろうか。巣穴も確認されたということで、すでに住み着いた状態に至っているような印象だ。

参考資料:
・『「ヒアリ」100匹、舗装の亀裂に巣穴を確認 神戸港のコンテナヤード』、産経WEST、2017年6月18日、http://www.sankei.com/west/news/170618/wst1706180029-n1.html
・『「ヒアリ」100匹、舗装の亀裂に巣穴を確認 神戸港のコンテナヤード』、産経WEST、2017年6月18日、http://www.sankei.com/west/news/170618/wst1706180026-n1.html
・『ストップ・ザ・ヒアリ』、環境省自然環境局、平成21年3月、https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/r_fireant.pdf

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!