1. TOP
  2. 災害・事故
  3. 交通事故
  4. 女子高生がはねられて死亡 飲酒運転で運転手を逮捕

女子高生がはねられて死亡 飲酒運転で運転手を逮捕

2018年5月11日、熊本市で女子高生が車にはねられて死亡する事故が起こった。

運転手からは、基準を超えるアルコールが検出されたようだ。

事故の詳細

事故が起こったのは、11日午前6時50分頃、熊本市西区田崎町の県道。

熊本県宇城市松橋町の高校に通う17歳の高校3年生、村上瑠菜さんが自転車に乗って登校していたところ、後ろから来たワゴン車にはねられたという。

ワゴン車を運転していた25歳の会社員、木尾高朗容疑者からは基準を超えるアルコールが検出されたということで、酒気帯び運転の疑いでその場で逮捕された。

木尾容疑者は、容疑を認めているという。

酒気帯び運転に対する社会の目は厳しくなっているのに、未だにこういう悲しい事故が起こらない。

酒を飲んだら運転しない、こういう簡単なことができない人間が多い。自分だけは大丈夫、と思っているのだろうけれど、事故が起こってから自分の過ちを悔いることになる。

参考資料:
・『高校生はねられ死亡 運転手を酒気帯び運転容疑で逮捕 熊本』、NHKニュース、2018年5月11日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180511/k10011434931000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!