1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 熊本ニュース
  5. 熊本市ローカルニュース
  6. 飲酒運転で作業現場に突っ込む 6人けが 熊本市中央区坪井4丁目の浄行寺交差点 藤崎宮前駅の近く

飲酒運転で作業現場に突っ込む 6人けが 熊本市中央区坪井4丁目の浄行寺交差点 藤崎宮前駅の近く

2017年8月10日午前0時20分頃、熊本市中央区で、作業現場に乗用車が突っ込む事故が起こった。

この事故で、6人が重軽傷を負い、病院へ搬送されたという。

熊本北署は、車を運転していた山本隆慶容疑者を道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。

山本隆慶容疑者

山本隆慶容疑者は、自称無職の43歳。飲酒運転をしていたようだ。

山本容疑者は、中心市街地方面から国道3号を北上し、十数人が作業をしていた現場にそのまま突っ込んできたという。

山本容疑者からは、呼気1リットル中0.54ミリグラムのアルコールが検出されたという。

警察は、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑についても捜査を進めるようだ。

事故の詳細

現場は熊本市中央区坪井4丁目の国道3号の浄行寺交差点。熊本電鉄藤崎線の藤崎宮前駅から北東へ約200メートルのところにある。

当時、現場では地質調査が行われており、十数人が作業していたという。

事故により、地質調査会社員3人が重傷。38歳の男性は両足骨折、43歳の男性は頭部外傷、そして42歳の男性は骨盤骨折だという。

また、他に同じ会社の男性社員1人、交通整理をしていた女性1人、そして公務員男性1人の計3人も軽傷を負ったようだ。



カンタはこう思う

交通規制をして作業をしているところへそのまま突っ込んだのだから、酒酔い運転で判断力が鈍ったというよりも、酩酊して居眠りしていた可能性もあるのではないか。時間的にも十分あり得る。

6人もの作業員が負傷し、その中には両足を骨折したり、頭部外傷を受けたりした人もいたという。酷い事故である。死亡者は幸い出なかったようだが、後に後遺症が残る人も出る可能性がある。

飲んだら乗らない、そんな簡単なことができない人間が未だに多いことに驚く。

参考資料:
・『作業現場に車突っ込む、6人けが 酒気帯び容疑で男逮捕』、朝日新聞デジタル、2017年8月10日、http://www.asahi.com/articles/ASK8B3RG6K8BTLVB009.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!