1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 京都ニュース
  5. 京都市ローカルニュース
  6. 衣料品輸入で約3900万円脱税 衣料品輸入販売会社「レッツビギン」

衣料品輸入で約3900万円脱税 衣料品輸入販売会社「レッツビギン」

2017年6月8日、関税や消費税約3900万円を脱税したとして、京都市上京区の衣料品輸入販売会社と会社の社長が関税法違反などの罪で在宅起訴された。

今回起訴されたのは、京都市上京区の衣料品輸入販売会社「レッツビギン」と同社の社長である60歳の松岡成治社長。

同社は、2010年から2015年にかけて、衣料品の輸入価格を過少申告する手口で、関税などの支払いを免れたようだ。実際の輸入価格は計2億3000万円だったのに対し、その3割程度しか申告していなかったという。

カンタはこう思う

実際の申告額に対して3割しか申告していなかったという。ばれないと思ったのだろうか。

税関によると、衣料品にかかる関税率は、品目にもよるが、約4%~20%である。

なお、仕入れ額は、経費として算出することができない。

参考資料:
・『衣料品輸入で3900万円脱税、会社社長を在宅起訴』、産経WEST、2017年6月9日、http://www.sankei.com/west/news/170609/wst1706090031-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!