1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 京都ニュース
  5. 京都市ローカルニュース
  6. お手柄!ホームから転落した視覚障碍者を大学生が救出 電車到着が1分後に迫る中30秒の救出劇 烏丸線北大路駅

お手柄!ホームから転落した視覚障碍者を大学生が救出 電車到着が1分後に迫る中30秒の救出劇 烏丸線北大路駅

2017年8月3日午後5時半頃、京都市北区で、ホームから線路へ転落した70歳の視覚障害者を男子大学生が救出するという出来事があった。電車到着まであと1分というところで、約30秒の救出劇だったという。

救出劇の舞台

そんな映画のような出来事があったのは、京都市北区にある市営地下鉄烏丸線の北大路駅だ。

午後5時半頃、京都市右京区に住む視覚障碍者の70歳の男性が、約1.3メートル下の線路に転落した。

その転落に気付いた男子大学生は、すぐに線路に飛び降りて、男性を持ち上げた。そして、ホームにいた数人が男性を引き上げたという。

次の電車が1分後に到着という場面で、約30秒の救出劇だったらしい。

男性は、転落した際に左腕や背中に軽いけがを負っただけで済んだ。

カンタはこう思う

当時、帰宅ラッシュでホームは混雑していたようだ。

そういった混雑もあってか、ぼんやり見える程度の視力を持つ視覚障害の男性は「方向感覚」を失い、ホームから転落してしまったようだ。

ただ、混雑していたからこそ、人の目が多いためにすぐに転落に気付いた人がいたともいえる。

それにしても、1分間という限られた時間で、とっさの判断で線路に降り、約30秒で男性を救出するというのは、まるで映画のワンシーンのようだ。

参考資料:
・『京都市営地下鉄駅で視覚障害者が転落、大学生らが30秒で救出』、産経WEST、2017年8月4日、http://www.sankei.com/west/news/170804/wst1708040082-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!