1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 沖縄ニュース
  5. 石垣島の遺体 大阪の夫婦と判明 サメに食いちぎられた痕 沖縄県石垣市

石垣島の遺体 大阪の夫婦と判明 サメに食いちぎられた痕 沖縄県石垣市

2017年11月14日、沖縄県警八重山署は、石垣島で10月に行方不明になった男女について、大阪府の38歳と35歳の夫婦であり、遊泳中におぼれた可能性があることを明らかにした。

不明後、近くの浜辺では、夫の遺体が見つかっており、他に見つかった右脚は妻のものであることが分かった。

見つかった右脚は、サメに食いちぎられた痕があったようだ。

事故の詳細

大阪府の夫婦は、10月23日午後に石垣市内のホテルで目撃されたのを最後に不明になっていた。

浜辺周辺には、夫婦が借りたレンタカーが止まっていたようだ。

遺体の発見

10月30日、サメに食いちぎられた痕がある右脚が見つかり、31日に男性の遺体が見つかっていた。男性の遺体には、左足にスキューバダイビング用のフィンがはめてあったという。

男性の方は溺死と見られており、女性の方はサメに襲われた可能性があるようだ。

DNA鑑定により、男性と女性が大阪府の夫婦であることが判明した。



カンタはこう思う

オーストラリアでよく耳にするサメの事故だが、沖縄県でも時々サメに襲われることがあるようだ。

それでも、他の動物による死傷と比べると、発生件数としてはかなり低いようだが。

さめ先生が教える サメのひみつ10

参考資料:
・『石垣島不明者は大阪の夫婦、妻はサメに襲われたか』、産経WEST、2017年11月14日、http://www.sankei.com/west/news/171114/wst1711140088-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!