1. TOP
  2. 災害・事故
  3. 交通事故
  4. バイク同士が並走中に接触 バイクの後ろに乗っていた大学生が死亡 友人の肩を叩こうと近づいた際の事故

バイク同士が並走中に接触 バイクの後ろに乗っていた大学生が死亡 友人の肩を叩こうと近づいた際の事故

2017年7月12日午前2時50分頃、大阪府泉佐野市日根野の府道で、数台のバイクが並走中に接触し、投げ出された大学生が対向車にはねられ死亡する事故が起こった。

死亡したのは、和泉市王子町の18歳、中嶋心(こころ)さん。バイクが転倒し、対向車線に投げ出されたところ、乗用車にはねられたようだ。

事故の経緯

中嶋さんは、友人らとバイク5台で連なって走行していた。

そして、中島さんを後部に乗せたバイクが最後尾から前のバイク1台を追い抜いた際、中嶋さんはバイクを運転していた友人の肩を叩いた。

そして、さらにもう1台のバイクを運転する友人の肩を叩こうと近づいた際に、バイクのタイヤ同士が接触したようだ。

カンタはこう思う

本人にとっては軽い遊びのつもりだったのだろうけれど、高い代償となったようだ。

手足をなくしたヤンキー高校生 ―ある交通事故身体障害者の成長の記録

参考資料:
・『友人の肩を叩こうとして転倒…バイクの後ろに乗っていた大学生、対向車にはねられ死亡 大阪・泉佐野』、産経WEST、2017年7月12日、http://www.sankei.com/west/news/170712/wst1707120039-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!