1. TOP
  2. 災害・事故
  3. 交通事故
  4. 阪神高速でトレーラーとタクシーが衝突 タクシーの乗客死亡 トレーラー運転手が飲酒運転か 大阪市

阪神高速でトレーラーとタクシーが衝突 タクシーの乗客死亡 トレーラー運転手が飲酒運転か 大阪市

2017年11月22日、大阪市の阪神高速道路で、大型トレーラーがタクシーと衝突する事故が起こった。

この事故で、タクシーの乗客2人のうち、1人が死亡、もう1人が意識不明の重体となっている。タクシーの運転手も大けがを負った。

警察は、トレーラーの55歳の運転手、篠原正容疑者を過失運転傷害の疑いで逮捕した。

事故の詳細

22日午前0時40分頃、大阪市平野区喜連西の阪神高速道路松原線で、タクシーが追い越し車線を走っていたところ、走行車線を走っていた大型トレーラーが追い越し車線へ車線変更してきた。

そして、タクシーは、そのトレーラーと中央分離帯に挟まれたという。

この事故で、タクシーの男性の乗客2人のうち、1人が死亡し、1人が意識不明の重体となっているようだ。また、タクシーの運転手も、骨折などの大けがを負ったという。

飲酒運転か

警察は、トレーラーを運転していた55歳の運転手、篠原正容疑者を過失運転障害の疑いで逮捕した。

しかし、篠原容疑者の呼気から基準を超えるアルコールが検出されたという。

そのため、警察は、容疑を過失運転致死傷酒気帯び運転に切りかえて調べを進めるようだ。

カンタはこう思う

トレーラーが追い越し車線の確認をしないまま、車線変更したために起こった事故のようだ。

大型トレーラーと中央分離帯に挟まれては、タクシーなどひとたまりもないだろう。

それにしても、大型トレーラーのような超重量の車両を運転する人間が酒を飲んで運転しているとは…。

最近では、運送会社側もトラックやトレーラーなどの運転手のアルコールチェックを厳しくしているようだが、そういう対応を行っていない会社も未だあるのだろうか。

デジタル アルコールチェッカー

参考資料:
・『大型トレーラーと衝突 タクシーの乗客死亡 大阪』、NHKニュース、2017年11月22日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171122/k10011231721000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!