1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 大阪ニュース
  5. 大阪市ローカルニュース
  6. USJジェットコースターが地上20~30mで緊急停止 30人余がさかさまの状態で取り残される

USJジェットコースターが地上20~30mで緊急停止 30人余がさかさまの状態で取り残される

2018年5月1日、大阪にある「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」で、ジェットコースターが緊急停止した。

この緊急停止で、乗っていた利用客30人余りが空中に取り残される状態となったという。

なお、けが人は出ていないようだ。

事故の詳細

今回緊急停止したアトラクションは、「ザ・フライング・ダイナソー」というジェットコースターだ。

このアトラクションでは、乗客はうつ伏せの状態で乗るという。

午後4時45分頃、ジェットコースターが地上20メートルから30メートルほどの高さを走っている時に、異常を知らせるセンサーが作動したため、自動的に緊急停止したということだ。

ジェットコースターには32人の利用客がいたようだが、緊急停止により、空中で体を下向きにした状態で取り残されたという。

カンタはこう思う

ジェットコースターは、地上20メートルから30メートルの高さで、乗客の体が逆さまになった状態で緊急停止したようだ。

脱線などの最悪の事故ではないものの、高所が苦手な筆者にとっては、考えるだけで恐ろしい状況だ。

幸い、現在のところけが人の情報は入ってきていないようだが、こんな状況を間近で見たお客さんは、あまり乗りたがらないのではないかな。

それにしても、客が混雑するゴールデンウィーク中、しかも前半に起こってしまった事故。USJにとっては、かなり痛い出来事でないだろうか。

参考資料:
・『USJジェットコースター緊急停止 30人余取り残される』、NHKニュース、2018年5月1日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180501/k10011424441000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!