1. TOP
  2. 事件
  3. ひき逃げ事件
  4. 大阪市職員がひき逃げ 理由は「ゴルフの開始時間に間に合わない」から 

大阪市職員がひき逃げ 理由は「ゴルフの開始時間に間に合わない」から 

2017年8月8日、大阪府警南堺署は、堺市内でひき逃げ事故を起こしたとして、大阪市の65歳の再任用職員、三四和彦容疑者を書類送検した。

三四和彦容疑者は、7月7日午前6時15分頃、堺市南区竹城台3丁の交差点で、乗用車で左折する際に、自転車に乗っていた53歳の男性と衝突する事故を起こした。

しかし、三四和彦容疑者は、男性を救護せずに逃げたという。男性は、足の骨を折る重傷だった。

そのとき、車で通りかかった51歳の男性が、三四和彦容疑者を追いかけて停車させ、現場に戻るように説得したようだ。そして、容疑者は説得に応じて戻り、現場で警察に対してひき逃げを認めたという。

三四和彦容疑者は、逃げた理由について、「ゴルフの開始時間に間に合わないと思って逃げた」と話しているという。

三四和彦容疑者

平成25年に再任用され、西成区保健福祉課で窓口業務を担当していたようだ。



カンタはこう思う

人は、焦ると視野が狭くなり、そういう時こそ事故を起こしてしまいがちだ。

そして、容疑者は、事故を起こした当時、ゴルフに間に合うかどうかで頭がいっぱいで、事故を起こして怪我をさせてしまったことの重大性がちゃんと認識できていなかったのではないかと思われる。

もしくは、事故当時は、大した事故じゃないと思っていたか、そう思い込もうとしていたのかもしれない。

いずれにしろ、救護もせず逃げてしまったのは良くない。当然ではあるが。

ただ、一時はひき逃げしてしまったとはいえ、その後説得に応じて現場に戻ってきたのだから、それなりに情状酌量はされるだろうとは思う。

参考資料:
・『「ゴルフ開始時間に間に合わない」 大阪市職員がひき逃げ疑い 堺市で重傷事故』、産経WEST、2017年8月8日、http://www.sankei.com/west/news/170808/wst1708080071-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!