1. TOP
  2. 事件
  3. いじめ・虐待
  4. 生後8か月の長男の足を折る 23歳母と22歳元交際相手を逮捕 虐待か

生後8か月の長男の足を折る 23歳母と22歳元交際相手を逮捕 虐待か

2017年6月19日、当時生後8か月だった長男の足の骨を折る重傷を負わせたとして、母親の大神渚容疑者と元交際相手の田中一貴容疑者を逮捕した。いずれも「暴力を振るったことはない」と容疑を否認しているという。

大神渚容疑者

大神渚容疑者は、長男の母親で23歳のアルバイト。

田中一貴容疑者

田中一貴容疑者は、大神容疑者の元交際相手で、22歳の建設作業員。

2人は、2016年12月30日から31日の間に、田中容疑者が当時住んでいた大阪府豊中市服部寿町のマンションで、長男に暴行を加え、右足骨折の重傷を負わせたという。

容疑者らは、「2人で昼寝をしていたら、子供の泣き声がした」と供述しているという。

ただ、複数の医師が調べたところ、強い暴行がなければ骨折しないことが判明したらしい。

カンタはこう思う

強い暴行がなければ骨折しない、ということは事実としてあると思うが、2人の関与についてはこれからも調べが必要だろう。

子ども虐待という第四の発達障害

参考資料:
・『生後8カ月の長男暴行、足折った疑い…23歳母と22歳の元交際相手逮捕 大阪府警』、産経WEST、2017年6月19日、http://www.sankei.com/west/news/170619/wst1706190114-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!