1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 埼玉ニュース
  5. 熊谷市ローカルニュース
  6. ポテサラを食べた5歳児が意識不明の重体 O157検出 総菜店「でりしゃす籠原店」に営業停止処分 埼玉県熊谷市

ポテサラを食べた5歳児が意識不明の重体 O157検出 総菜店「でりしゃす籠原店」に営業停止処分 埼玉県熊谷市

埼玉県熊谷市の惣菜店で加工販売されたポテトサラダを食べた8人が腹痛などの症状を訴えるという出来事が起こった。

症状を訴えた人のうち6人から腸管出血性大腸菌O157が検出されたようだ。また、そのうち5歳の女児が意識不明の重体だという。

埼玉県は、食中毒と断定、惣菜店を2017年8月21日から3日間の営業停止処分にしたという。

食中毒事件の詳細

2017年8月7日から8日にかけて、熊谷市の惣菜店で加工販売されたポテトサラダが原因だと断定された。

食中毒の症状を訴えたのは、4歳から60歳までの合わせて8人。そのうち、6人からO157が検出された。

また、症状を訴えた人のうち、3人が入院中で、そのうち5歳の女の子が急性腎不全などを引き起こす溶血性尿毒症症候群を発症し、意識不明の状態だという。

惣菜店「でりしゃす籠原店」を営業停止処分に

埼玉県は、問題となったポテトサラダを加工販売した熊谷市の惣菜店「でりしゃす籠原店」を8月21日から3日間の営業停止処分とした。



カンタはこう思う

ポテトサラダが原因で食中毒にかかるなんて、普通はなかなか考えないだろう。

5歳の女の子が意識不明の重体だということで、気の毒な話だ。下痢などの症状のみならず、意識不明の重体になるとは、怖いものである。無事に助かって欲しいが。

先進国特有の病気はいくつかあるが、今回問題となったO157を原因とする食中毒もその1つだと考えられている。

なんでもO157自体はそれほど強い菌ではないようだ。

O157は、他に菌が多くいるような環境では、天敵となる菌などの存在によって、それほど繁殖できないという。

ところが、日本などの先進国では、清潔すぎる環境のため、O157の存在を脅かすような菌が少なく、かえってO157が繁殖しやすい状況になっているのだという。

また、最近の子供は清潔な環境に慣れてしまい、免疫力が弱いというのは、よく聞く話だ。もちろん、これは一般的な話で、今回の事件には当てはまらないかもしれないが。

結局、完全な無菌状態を作り出すことは不可能なので、昨今の除菌ブームなどは、自分の体の常在菌などのバランスを崩すだけなので、私自身はあまり好ましくないと思っている。

今回、食中毒を出してしまった店に処分が出されるのは仕方がないとしても、それはあまり根本的な対処にはならないだろう。また、店に処分が下されても、症状が治まるわけではない。

高級店ならいざ知らず、普通の賃金で働いている惣菜店の従業員に完璧な衛生状況を求めるのも無理があるだろう。

結局のところ、私たちが食中毒から自らの身を守るためには、以下の対策くらいしかないだろう。

・できるだけ自炊する。もしくは、信頼のおける店で外食するか、食品を買う。

・免疫力をつける。

このうち、最も理想的なのは、「免疫力をつける」ということだろうか。

「言うは易く行うは難し」なのだが。

常在菌や腸内細菌などについて勉強するには、以下の本がお勧め。

 


失われてゆく、我々の内なる細菌


あなたの体は9割が細菌: 微生物の生態系が崩れはじめた

参考資料:
・『ポテトサラダで食中毒 5歳女児が意識不明 O157 埼玉』、NHKニュース、2017年8月21日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170821/k10011106701000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!