1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 埼玉ニュース
  5. さいたま市ローカルニュース
  6. 「お金を使うのがもったいなかった」新聞を盗んだ疑いで戸田市の非常勤職員を逮捕 さいたま市の新聞販売店

「お金を使うのがもったいなかった」新聞を盗んだ疑いで戸田市の非常勤職員を逮捕 さいたま市の新聞販売店

さいたま市にある新聞販売店に忍び込み新聞紙を盗んだとして、埼玉県戸田市の53歳の非常勤職員、本間均容疑者が逮捕された。

本間容疑者は「お金を使うのがもったいなかった」と容疑を認めているようだ。

事件の詳細

2017年9月21日の午前4時過ぎ、本間均容疑者はさいたま市大宮区にある新聞販売店に忍び込み、新聞紙2部を盗んだという。

そして、その4分後にも再度侵入し、缶ビール1箱を盗もうとしたという。

当時、この販売店には、新聞の配達のために、誰もおらず、鍵もかかっていなかったようだ。

去年6月から被害

この新聞販売店では、2016年6月から新聞紙などが盗まれるということが数件起こっていたようだ。

本間均容疑者

埼玉県戸田市の53歳の非常勤職員で、介護老人保健施設に勤務しているという。



カンタはこう思う

「お金を使うのがもったいなかった」と言っているが、新聞紙や缶ビールを買うために働いてお金を稼いでいるという考えはなかったのだろうか。

節約志向は良いが、自分のお金を使うのがもったいないから他人のものを盗むというのは、本末転倒というか、なんとも…。

それにしても、この程度の微罪がNHKニュースで取り上げられ全国区で報道されるということに驚いた。市職員の犯行だからだろうか。

月給13万円でも1000万円貯まる節約生活

参考資料:
・『新聞を盗んだ疑い 市の非常勤職員を逮捕』、NHKニュース、2017年9月29日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170929/k10011161441000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!