1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 静岡ニュース
  5. 富士市ローカルニュース
  6. 廃棄物処理施設「イーシーセンター富士ステーション」で異臭騒ぎ 静岡県富士市

廃棄物処理施設「イーシーセンター富士ステーション」で異臭騒ぎ 静岡県富士市

2017年10月16日、静岡県富士市大野にある廃棄物処理施設「イーシーセンター富士ステーション」で、異臭騒ぎがあった。

作業員とみられる男女7人が搬送されたものの、重傷者はいないようだ。

異臭騒ぎ

16日午前10時15分頃、廃棄物処理施設「イーシーセンター富士ステーション」の作業員から、「産業廃棄物の缶から漏れた液体が目に染みる」と119番通報があった。

男女7人が異臭と目の痛みを訴え搬送されたものの、いずれも重傷ではないようだ。

異臭の原因

作業中の作業員が高さ約50センチ、幅約30センチの金属製の缶から透明の液体が漏れているのに気付いた。

その直後、作業員は目やのどの痛みを訴えたという。

現場の施設内から一酸化炭素と塩素が検知されたようだ。

廃棄物処理施設「イーシーセンター富士ステーション」

JR東海道線吉原駅から東に約1.5~2キロの場所の工場などが立ち並ぶ地区にある処理場。

屋内型リサイクル施設として、日量最大340トンの処理能力を持つ。

近くには、元吉原小学校などがある。



カンタはこう思う

産業廃棄物の金属缶から漏れた液体が原因だろうか。

処理施設自体は屋内型リサイクル施設ということで、周辺地域への影響は無さそうだ。逆に言えば、屋内に化学物質が止まることにもなりかねないので、作業員への影響が心配される。

廃棄物から出た液体による異臭ということで、異臭元の物質の特定を急ぎたいところだ。

これは廃棄物?だれが事業者?お答えします!廃棄物処理

参考資料:
・『異臭と目の痛み訴え男女7人搬送 静岡の廃棄物処理施設』、2017年10月16日、http://www.sankei.com/life/news/171016/lif1710160041-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!