1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 東京ニュース
  5. 一般社団法人「東京都造園緑化業協会」で5200万円の横領が発覚 元職員の女を逮捕 やはり1人で会計経理を担当

一般社団法人「東京都造園緑化業協会」で5200万円の横領が発覚 元職員の女を逮捕 やはり1人で会計経理を担当

警視庁は、一般社団法人「東京都造園緑化業協会」の口座から現金約5200万円を引き出して着服したとして、元職員で45歳の女、佐藤ルリ子容疑者を業務上横領の疑いで逮捕した。

佐藤ルリ子容疑者

佐藤ルリ子容疑者は、「東京都造園緑化業協会」の元職員で、45歳の女。

2012年4月~2016年5月の間に、同協会の口座から約50回にわたって現金約5200万円を引き出して着服していたようだ。

1人で会計業務を担当しており、2016年7月に退職した。退職後に、内部調査で横領が発覚したという。

調べに対して容疑を認め、「買い物などで使用したクレジットカードの支払いに充てて、金は全部使ってしまった」などと供述しているようだ。

一般社団法人「東京都造園緑化業協会」とは

都内の造園会社95社が正会員として加盟する協会。都市における緑化事業に関する啓発活動などを行っているという。

昭和50年5月に発足。平成23年に一般社団法人となった。

カンタはこう思う

つい先日の8月1日に、秋田県にある市立病院で着服事件が発表されたばかりだ。連日の横領事件のニュースとなる。そして、例にもれず、1人で会計を担当していた者による犯行だ。

それにしても、昨日の事件といい、この事件といい、横領犯が退職した後に着服されたことに気付くとは、管理体制があまりにも杜撰だと言わざるを得ない。

都内の緑化事業のために大事に蓄えられたお金が、個人の食事代や洋服代に消えるという、なんとも情けなく悲しい事件である。会員の造園会社は怒り心頭だろう。

まあ、胃袋に入った食べ物を売ることはできないが、洋服(おそらくブランド品)などであれば、売却して返済に充てることは可能かもしれない。

参考資料:
・『緑化業協会の元職員逮捕 5200万横領の疑い』、NHKニュース、2017年8月2日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170802/k10011084411000.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!