1. TOP
  2. 災害・事故
  3. 交通事故
  4. 酔って道路で寝ていた?車に轢かれ大学生死亡 東京都練馬区貫井 西武池袋線の富士見台駅や中村橋駅の近く

酔って道路で寝ていた?車に轢かれ大学生死亡 東京都練馬区貫井 西武池袋線の富士見台駅や中村橋駅の近く

2017年7月28日午後11時15分頃、東京都練馬区貫井の市道で、私立大学生の23歳、中村璃矩(りく)さんが乗用車にひかれて死亡するという事故が起こった。

警察によると、中村さんは、事故前に友人らと近くの飲食店で飲酒し、介抱を受けるほど泥酔していたという。そのため、中村さんが帰宅途中に道路の上で寝てしまっていた可能性があると見られている。

カンタはこう思う

酒に酔って失敗したことがある人は多いだろうが、道路で寝てしまうことはいただけない。今回の事故では、被害者の中村さんは車道で寝ていた可能性もあり、危険なことこの上ない。

もちろん、シラフだったらこんなことはしないだろうけれど、泥酔すると正常な判断ができなくなるということを飲酒前にもう少し認識するべきだろう。また、今回の場合では、周囲の人間が気づいて、せめて家まで送ってあげるなどのことをしてあげればよかったのかもしれない。

泥酔しやすいかどうかは、体質による部分が大きいので、自分がどれだけ「酒に飲まれやすい」タイプなのか、事前に知っておくと、酒による失敗は少なくなるのではないだろうか。

最近はアルコール感受性を検査キットで手軽に調べることができるサービスもあるようだ。

あなたのアルコール感受性遺伝子を調べてみませんか?



参考資料:
・『乗用車にはねられ大学生死亡 飲酒後路上に寝込む?』、産経ニュース、2017年7月29日、http://www.sankei.com/affairs/news/170729/afr1707290010-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!