1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 東京ニュース
  5. 台東区ローカルニュース
  6. 警察の立ち入り拒否でキャバクラ「ドリームガール」と「Tits Alien」の責任者ら8人逮捕

警察の立ち入り拒否でキャバクラ「ドリームガール」と「Tits Alien」の責任者ら8人逮捕

2017年7月9日、警察官が行政指導を行う目的で店舗に立ち入ろうとした際に拒否したとして、東京都台東区上野にあるキャバクラ「ドリームガール」と「Tits Alien」の責任者ら8人が逮捕された。容疑者らは、1人を除き容疑を認めているようだ。

逮捕されたのは、キャバクラ「ドリームガール」の35歳の責任者、昆康晴容疑者と、キャバクラ「Tits Alien」の34歳の経営者、川島巧太容疑者を含む男8人。

容疑者らは、警察官が同キャバクラ店の時間外営業に関して行政指導を行う目的で店舗に入ろうとした際に、出入り口のドアに鍵をかけたり、エレベーターを捜査するなどの手口で妨害したようだ。

両キャバクラ店は、今年の春から営業を開始し、3か月でそれぞれ約6千万円を売り上げていたという。

カンタはこう思う

ドアにカギをかけたり、エレベーターを操作するというのは、警察官などの捜査を妨害するためによく行われる手口のようだ。

それにしても、警察官には余程入って欲しくない理由があったようだ。

ちなみに、店の名前である「Tits Alien」は、直訳すると「おっぱいエイリアン」である。すごいネーミングだ。

年収3000万円を稼ぐNo.1キャバクラ嬢の“ちょっとした”習慣

参考資料:
・『警察官の立ち入り拒否 東京・上野のキャバクラ店「ドリームガール」など2店の男8人を逮捕』、産経ニュース、2017年7月10日、http://www.sankei.com/affairs/news/170710/afr1707100019-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!