1. TOP
  2. 事件
  3. 傷害事件
  4. 都立高教諭 風俗女性を殴り現金26万円を奪う その驚きの理由とは

都立高教諭 風俗女性を殴り現金26万円を奪う その驚きの理由とは

都内のホテルで風俗店の女性を殴り現金の入ったバッグを奪ったとして、佐藤稔之容疑者が強盗致傷の疑いで逮捕された。

佐藤稔之容疑者

佐藤稔之容疑者は、都立中野工業高校の52歳の定時制教諭。2年ほど前から、体調不良で休職中だという。

事件の詳細

現場は豊島区内のビジネスホテルの1室。

4月16日午後7時50分頃、佐藤容疑者は、風俗店から派遣された40代の外国人女性に馬乗りになって顔を殴るなどの暴行を加えた。

さらに、料金として支払った現金約26万円入りのトートバッグ1個を奪ったという。

女性は、全身打撲などで、2週間のケガを負ったらしい。

なぜ暴行を働いた?

佐藤容疑者は「女性のプロ意識の低さに腹が立った」と供述しているようだ。

カンタはこう思う

佐藤容疑者は、「女性のプロ意識の低さに腹が立った」と暴行と強盗の理由について供述しているようだ。

しかし、佐藤容疑者は、延長料金や小遣いなどで、計16万円も支払ったという。

プロ意識の低さに腹が立っているのに、なぜ延長料金や小遣いを支払ったのだろうか。供述とのつじつまが合わない。

もちろん、サービスに満足してようがしていまいが、暴行を加え、現金を奪っていい理由にはならない。全身打撲で全治2週間のケガをさせるなど、かなり酷い暴力だ。

私は障害者向けのデリヘル嬢

参考資料:
・『都立高教諭が風俗女性殴りチップ奪い返した疑い』、NHKニュース、2017年6月16日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170616/k10011020161000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005
・『デリヘル嬢殴り支払った料金26万奪う、都立高教諭の52歳男を逮捕 「プロ意識の低さに腹が立った」』、産経ニュース、2017年6月16日、http://www.sankei.com/affairs/news/170616/afr1706160023-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!