1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. 山形ニュース
  5. 「山交ハイヤー」の運転手2人が計365回も無免許運転 会社も把握していた可能性 接触事故も

「山交ハイヤー」の運転手2人が計365回も無免許運転 会社も把握していた可能性 接触事故も

山形市にある、バスやタクシーを運行する「山交ハイヤー」の男性運転手2人が無免許で大型バスを運転していたことが分かった。なお、会社も無免許であったことを知っていた可能性もあるという。

計365回の無免許運転

「山交ハイヤー」の男性運転手2人は、平成25年(2013年)以降、計365回にわたって、大型バスを運転するために必要な大型2種免許を取得していないのに、大型バスを運転していたようだ。

2人は、40代と30代の運転手で、中型2種免許までしか取得していなかったという。

このうち、40代の運転手は、4月5日に千葉県成田市で客を乗せて運転中に、センターラインをはみ出した対向車と接触事故にも遭っている。

また、会社自体も運転手2人が無免許と知りながら運転させていたと見られており、警察は道交法違反(無免許運転、同運転の下命・容認)などの疑いで調べているようだ。

カンタはこう思う

客を運搬するわけだから、多くの命を預かるという意味でも、運転手の適正には厳格である必要があるのに、まさか無免許で業務を行っていたとは…。

もしかしたら人が足りていなかったのかもしれないけれど、そんなのは言い訳にならないだろう。

幸い、運転手2人は人身事故を起こしたことはないようだが、無免許と知りながら業務を行わせていた疑いのある会社はどうなのかと思う。

2016年に起こり15人が犠牲となった軽井沢スキーバスの転落事故以来、業界の意識はより安全志向になったと思っていたのだが…。

高速ツアーバス乗務員は語る 家族は乗せたくない!

大型二種免許と中型二種免許の違い

大型二種免許は、路線バスなど乗車定員30人以上の旅客用バスを運転するために必要。

それに対し、中型二種免許は、29人以下までのマイクロバスなどの旅客用車両を運転することができる。

大型二種免許完全合格マニュアル

参考資料:
・『無免許で計365回大型バス運転 山形の運転手2人、4月に接触事故も』、産経ニュース、2017年7月26日、http://www.sankei.com/affairs/news/170726/afr1707260026-n1.html

カテゴリ: 山形ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!