1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国内ニュース
  4. バニラ・エア問題 腕でタラップを這い上がった車いすの男性の主張 奄美空港にて

バニラ・エア問題 腕でタラップを這い上がった車いすの男性の主張 奄美空港にて

2017年6月28日、格安航空会社(LCC)のバニラ・エアを利用した車いすの男性が、階段式タラップを腕を使って這って上っていたことが明らかになり、話題になっている。

航空会社側の不手際を非難する声が上がる一方、詳細を知った人の中には男性の行動に疑問を持つ人も増えているようだ。

車いすの男性

車いすの男性は、大阪府豊中市のバリアフリー研究所代表で44歳の木島英登(ひでとう)さん。

高校時代にラグビーの練習中に脊椎を損傷し半身不随となったようだ。

今回は、車いすで奄美大島へ旅行に行くために関西空港からの往復便に乗っていたという。

出来事の経緯と詳細

6月3日:

関空の搭乗カウンターにて、木島さんとバニラ・エア社員の間で、以下のようなやり取りがあったようだ。

社員は、木島さんに、階段の搭乗タラップの写真を見せ、「歩けますか」と尋ねた。木島さんが「歩けません」と返答すると、社員は「乗れません」と説明。

そこで、木島さんは、同行者が5人いるので、「同行者の手伝いのもと乗降する」と社員を説得して搭乗する。

奄美空港に着いた際は、その同行者が、木島さんが乗った車いすごと持ち上げてタラップを下りた。

6月5日:

奄美大島から関空行きの便に搭乗する際、木島さんはチェックインカウンターで空港の車いすに乗り替えて欲しいと言われる。

しかし、木島さんはこれを拒否。できるなら自分の車いすを使いたいと返答したところ、「往路で車いすを担いで下りたのは会社の規定に違反だった」とのことだった。

しかし、「同行者の手伝いのもと、自力で階段昇降をできるなら」という条件で、木島さんの搭乗が認められた。

木島さんの同行者が来た時と同様に車いすを担ごうとすると、バニラ・エア社が業務委託している空港職員がそれを制止した。

そこで木島さんは、車いすを降り、17段のタラップを這って上がろうとした。

職員は「それもだめです」と木島さんを制止しようとしたが、木島さんは「無視して上っていくしかない。でないと大阪へ戻れない。」と思い、3~4分かけて上り切ったという。

木島さんに同情し、バニラ・エア側を非難する声

ツイッターでは、このニュースを知った人からバニラエア側を非難する声が上がった。

やはり、「タラップを這いあがる」というイメージが先行して、感情的な意見が目立つ。

なぜバニラ・エア側は「車いすを担いで搭乗すること」を拒んだ?

バニラ・エア側の説明によると、奄美空港だけ車いすを持ち上げる施設や階段昇降機がない。そして、車いすを担いだり、おんぶしたりして上り下りするのは危険なので規則により認めていないという。

つまり、木島さんの同行者が車いすを担ぐという行為自体が、規則で禁じられていたようだ。

おそらく事故などを防ぐ意図であると思われる。

木島さんの行動に疑問の声も

ただ、バニラ・エア側の対応よりも、木島さんの行動に疑問を持つ人も多いようだ。

職員の制止を振り払って、タラップを這って上ったところに、何かしら別の意図を感じる人も多いようだ。

木島さんの主張

木島さんは、今回の出来事について、自身のサイト『Travel for All』で以下のように主張している。

木島さんとしては、「車いす」だから搭乗を拒否されたと感じているようだ。

カンタはこう思う

どうもお互いのコミュニケーション不足の感がぬぐえない。

バニラ・エア側の対応としては、規則の一点張りだし、木島さんは被害者意識が強いと感じる。

バニラ・エア側は木島さんに対して「這って上れ」と命令したわけではない。また、木島さんが這って上ろうとしたときには、職員はそれを制止した。

それにも関わらず、木島さんは職員の制止を無視して這って上ったので、これは完全に木島さんが勝手にとった行動である。

しかし、報道では「這って上った」部分ばかりがクローズアップされている。センセーショナルな問題にしたい思惑が透けて見える。

バニラ・エア側の人権侵害?

木島さんは、不当な差別を受けたと感じているようだが、車いすを担いで搭乗することを拒否されたのは、規則に則ったからで、それは事故を防ぐ意図のある規則であると思われる。

他国での対応と日本の奄美大島での対応を比較することには意味はない。なぜなら、国の事情は異なるからである。もし、車いすを担いで事故を起こしてしまったら大変なので、奄美大島では禁止されているのだと思う。

そのあたりの事情を鑑みず、自分の都合が押し通らなかったら文句を言い、バニラ・エア側を殊更に「人権侵害」と主張していることについては賛同できない。

 

参考資料:
・永井啓吾 高木智子、野田佑介、『車いす客に自力でタラップ上がらせる バニラ・エア謝罪』、朝日新聞デジタル、2017年6月28日、http://www.asahi.com/articles/ASK6H4HCWK6HPPTB004.html
・『車いすの男性、腕でタラップはい上がる…バニラ・エア搭乗時「歩けない人は乗れない」と言われ 奄美空港』、産経WEST、2017年6月28日、http://www.sankei.com/west/news/170628/wst1706280026-n1.html
・『歩けない人は乗せれません! 2回目』、Travel for All、http://www.kijikiji.com/self/vanilla.htm

カテゴリ: 国内ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!