1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 戦艦「比叡」がアイアン・ボトム・サウンドの海底で発見される

戦艦「比叡」がアイアン・ボトム・サウンドの海底で発見される

太平洋戦争の遺産が、海底奥深くで発見された。

旧日本海軍の戦艦「比叡(ひえい)」である。

戦艦「比叡」が発見されたのは、2019年1月31日のこと。

アメリカの財団の調査チームが、ソロモン諸島のサボ島の北西の深さ985メートルの海底で発見したのである。

ソロモン諸島は、パプアニューギニアの東にあり、サボ島はガダルカナル島の北にある円形の小さな島だ。

この付近は、「アイアン・ボトム・サウンド(Iron Bottom Sound)」(後述)と呼ばれる海峡である。

戦艦「比叡」とは

戦艦「比叡」は、大正3年(西暦1914年)に竣工され、第1次世界大戦で東シナ海に派遣される。

竣工時は巡洋戦艦であった。

昭和8年(西暦1933年)には、ワシントン海軍軍縮条約ロンドン海軍軍縮条約の影響により、比叡は訓練に使われる「練習戦艦」に改装される。また、比叡は、昭和天皇が乗艦する「御召艦」としても使用されたという。

そして、ロンドン海軍軍縮条約の失効後、比叡は戦艦に改装された。戦艦に改装された比叡は、真珠湾攻撃にも参加したという。

昭和17年(西暦1942年)11月、第三次ソロモン海戦で、比叡は、ガダルカナル島へ向かう輸送船を護衛するとともに、連合軍の飛行場を砲撃する任務を受けて出撃。しかし、連合軍の艦隊に集中的に攻撃を受けることとなった。

連合国艦隊の集中攻撃を受けた比叡は、かじが効かなくなって航行不能となり、最期は船員が脱出した後、みずから船内に水を入れて沈んだとされていた。

比叡が発見された「アイアン・ボトム・サウンド」とは

今回、比叡が発見された「アイアン・ボトム・サウンド(Iron Bottom Sound)」は、そのまま訳せば「鉄底の海峡」となる。

太平洋戦争で、日本軍と連合軍が激しい戦いを繰り広げ、数多くの船が沈んだことから、この名称がついたようだ。

つまり、沈没した船の残骸の鉄で覆われた海底がある海峡、ということだろうか。

比叡の映像

NHKが公開した映像は、無人の潜水艇によって撮影されたもので、比叡の「かじ」やスクリュープロペラ、そしてエンジン部分とつながるシャフトなどが見られるという。

また、映像には、比叡が備えていた12.7センチ高角砲の砲身、そして対空防御用の機関銃の弾丸が入った箱も映っていたという。

今回の調査では、全長222メートルある比叡の船体のうち、大部分である約150メートルは発見されたが、前方の約70メートルは発見できなかったという。

前方部分が発見できなかったのは残念だが、大部分が発見されたということで、様々な検証に役立つと思われる。

ポール・アレン氏の遺志を継いだ調査

今回、比叡を発見したのは、大資産家として知られるポール・アレン氏が設立した財団の調査チーム。

ポール・アレン氏は、あのマイクロソフトの共同創業者だ。

兵器遺産のコレクターとしても知られ、過去には沈没した戦艦「武蔵」も発見している。

しかし、当のポール・アレン氏は、2018年10月に病気で死亡している。それでも、アレン氏の遺志を継いだ調査チームは、軍艦の探索を継続していた。

あと4,5か月生きながらえていれば、アレン氏も比叡の発見に歓喜していたであろうが…。

アーマーガールズプロジェクト 艦これ 比叡改二 『艦隊これくしょん -艦これ-』(魂ウェブ商店限定)

参考資料:
『戦艦「比叡」見つかる 太平洋戦争中に沈没 謎の解明も…』、NHKニュース、2019年2月6日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190206/k10011805201000.html?utm_int=all_side_ranking-access_002


カテゴリ: 時事・ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!