1. TOP
  2. 事件
  3. 2歳の息子がシュレッダーに… アメリカ・ユタ州

2歳の息子がシュレッダーに… アメリカ・ユタ州

その悲報は、2018年10月5日付のCNNニュースで紹介された。

アメリカのユタ州に、ベン・ベルナップさんとその妻のジャッキーさんの夫婦が住んでいる。

この夫婦には、2歳になる息子のレオちゃんがいるのだが、このレオちゃんがとんでもないことをしでかしたのだ。

1000ドル以上をシュレッダーに

ベルナップさん夫婦は、両親への返済のために貯金を続けていたのだが、この貯金した現金1060ドル(約12万円)が入った封筒が忽然と消えてしまったという。

夫婦はゴミ箱の中などを探し回っていたが、最終的に現金が見つかったのは意外な場所だった。

シュレッダーである。

なんと、2歳の息子のレオちゃんが、現金が入った封筒をシュレッダーにかけてしまっていたのだ。

哀れ、必死に貯めた(?)現金は、紙吹雪状態となってしまった。

なぜ息子はシュレッダーに?

なぜ2歳のレオちゃんは、現金をシュレッダーにかけてしまったのだろう。

実は、この小さな犯人は、母親がいらない書類などをシュレッダーにかけているのを普段から手伝っていたのだという。

今回、現金をシュレッダーにかけてしまったのも、どうやら母親の真似をした、というのが事件の真相のようだ。

お金は戻ってくる?

さて、この細切れになった紙幣は戻ってくるのだろうか。

答えはイエス。

細切れになった紙幣は、米財務省の損傷紙幣交換局に届け出れば、返金してもらえるそうだ。

ただ、細切れになっているために、返金までに「多少の」時間が必要なのだという。

大体、1~2年ほどかかる見通しだという。

カンタはこう思う

消えた現金の真相は、意外な人物が犯人だったことで幕を閉じた。

ただ、私としては、2歳の息子が怪我をしなかったことが幸いではないのか、とも思った。

息子が指などに怪我をした可能性もあるのだ。

そういう意味では、今回は現金が細切れになっただけで本当に良かった。返金もしてくれるそうだ。

これを教訓に、両親にはぜひシュレッダーを息子の手の届かない場所に設置して欲しいものだ。

参考資料:
・『両親が貯めた現金千ドル、2歳の息子がシュレッダーに 米ユタ州』、CNN.co.jp、2018.10.05、https://www.cnn.co.jp/fringe/35126627.html

カテゴリ: 事件, 時事・ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!