1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国際ニュース
  4. アメリカニュース
  5. 米イージス駆逐艦「フィッツジェラルド」と比コンテナ船衝突 衝突の場所と原因 被害状況

米イージス駆逐艦「フィッツジェラルド」と比コンテナ船衝突 衝突の場所と原因 被害状況

2017年6月17日午前2時半前、フィリピン船籍のコンテナ船から「アメリカ海軍の船と衝突した」との通報があった。

この衝突事故で、アメリカ海軍のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」の乗組員7人と連絡が取れなくなっているという。

被害状況

イージス駆逐艦「フィッツジェラルド」の船体の右側側面が大きく破損し、乗組員7人と連絡が取れなくなっている。また、けが人が1人出たようだ。けが人は、自力で歩くことができないという。

イージス駆逐艦は浸水しており、自力での航行ができない状況とのこと。

コンテナ船はフィリピン船籍の「ACX CRYSTAL」で、事故当時は名古屋から東京に向かっていたらしい。

午前7時現在で伊豆大島の北東10キロを東京方面に向かって自力で航行しているという。船首の左側に衝突の痕が見られるようだ。

衝突事故の場所

静岡県南伊豆町の石廊崎から約20キロ沖合で、神奈川県横須賀市から南西に約100キロ沖合。

米イージス駆逐艦「フィッツジェラルド」とは

アメリカ海軍のイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」は、英語で USS Fitzgerald と表記されるアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦(Arleigh Burke-class guided-missile destroyer)。

艦名は、ウィリアム・チャールズ・フィッツジェラルド海軍中尉に由来するという。

2017年4月4日には、フィリピンのスービック湾(Subic Bay)に寄港しており、フィリピンの会社と共同で補修作業を行っていた。

現在は、インド・アジア太平洋地域で任務に当たっている。



カンタはこう思う

イージス艦の破損自体は、自力で航行不可能ということでかなりの被害だと思われる。

ただ、7人もの乗組員が海に投げ出された可能性があるということで、こちらの方が心配だ。

今年の4月4日には、今回衝突されたイージス駆逐艦はフィリピンのスービック海軍基地に寄港しており、そこで補修工事が行われていたという。

補修は、フィリピンの会社の援助により行われ、アメリカとフィリピンの70年にわたる防衛などにおける協力関係を確認したばかりであった。

追加情報:

7人の乗組員は死亡したという。

8月17日、米海軍のモラン作戦副部長は、フィッツジェラルドの艦長と副長など3人を解任することを発表した。

また、事故については、「落ち度はわが方にあった」と指摘した。

参考資料:
・『米イージス駆逐艦とコンテナ船衝突 乗組員7人連絡取れず』、NHKニュース、2017年6月17日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170617/k10011021041000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002
・『米駆逐艦フィッツジェラルドとコンテナ船衝突、乗組員が海中に転落か 横須賀の100キロ南西』、産経ニュース、2017年6月17日、http://www.sankei.com/affairs/news/170617/afr1706170003-n1.html
・USS Fitzgerald, official United States Navy Website, April 4, 2017, http://www.public.navy.mil/surfor/ddg62/Pages/USS-Fitzgerald-arrives-in-Subic-Bay-for-port-visit-.aspx#.WURpfujyiHs
・『艦長らを解任へ 米海軍「落ち度はわが方にあった」』、産経ニュース、2017年8月19日、http://www.sankei.com/world/news/170819/wor1708190013-n1.html

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!