1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 「豚コレラ」とは何か?

「豚コレラ」とは何か?

2018年9月に岐阜県で「豚コレラ」が確認され、家畜の伝染病対策について、農林水産省が対応に追われている。

一体、豚コレラとは何なのか。人に影響はないのか。調べてみた。

豚コレラの基本知識

豚コレラは、「とんコレラ」もしくは「ぶたコレラ」と読む。

英語では、classical swine fever もしくは hog cholera と言われるようだ。

豚及びイノシシに特有のウイルス性疾病だ。

農林水産省によると、「強い伝染力」と「高い致死率」が特徴だという。

豚コレラの感染経路

豚コレラに感染したブタは、唾液、涙、糞尿などにウイルスを排泄するという。これらに接触することにより、感染は拡大する。

豚コレラの治療法

農林水産省によると、豚コレラに対する治療法は存在しないという。

そのため、豚コレラが発生した場合、家畜業界への影響が甚大になるようだ。

豚コレラは、家畜伝染病予防法の中で家畜伝染病に指定されているという。

日本での発生は

日本では1992年に熊本県での感染例以降は確認されていなかったが、2018年9月に岐阜県で確認された。

日本では、実に26年ぶりに豚コレラの患畜が確認されたことになる。

人間に感染するのか

豚やイノシシに特有の病気のため、ヒトには感染しないようだ。

農林水産省がサイトで通知している文書でも、以下のように記載されている。

「豚肉の摂食により、豚コレラが人に感染することはOIEの情報からも世界的に報告され
ておりません。」

参照:豚コレラに関する正しい知識の普及等について(PDF : 167KB)

そのため、一般消費者が過度に恐れる必要はなさそうだ。

世界における豚コレラの発生状況

農林水産省が発表した豚コレラの発生状況を見ると、アジアやアフリカを中心に豚コレラが発生している。

参考:農林水産省の公式サイト(PDF : 357KB)

北米やオーストラリア、スウェーデンなどの欧州諸国では、清浄化が達成されている。

日本も、2018年の岐阜での発生が確認されるまでは、清浄化されていた。

カンタはこう思う

人間への感染はないようだが、家畜業界への影響は甚大なものになる可能性があるようだ。

2018年の岐阜での発生については、9月11日に防疫措置が完了している。

感染が広がらなければよいが。

ゼロから理解する 食肉の基本: 家畜の飼育・病気と安全・流通ビジネス


当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!