1. TOP
  2. 教養・勉強・学習
  3. 雑学と豆知識
  4. 酒に弱いのは遺伝子のせい?酒に弱い体質と民族・人種とは

酒に弱いのは遺伝子のせい?酒に弱い体質と民族・人種とは

酒はコミュニケーションの道具として世界中の人々に愛されてきた。日本では、「飲むニケーション」と呼ばれるほど、酒が人間関係の構築に重要視されてきた。

しかし、お酒が苦手だったり、全く飲めない人も一定の割合で存在し、こういったお酒が飲めない人に対して飲酒を強要することが問題となることもしばしば起こってきた。

なぜ、お酒が飲める人と飲めない人が存在するのだろうか。

昔は、お酒が飲める人が「強く」、飲めない人は「弱い」といった偏見もあったようだが、現在こういった見方は時代遅れとなっている。お酒が飲めることをさも「偉い」と勘違いする人は、間違いなく自分の意識とは逆の烙印を押されることになるだろう。

なぜ酒に弱くなる?

酒に弱いというのは、主に体質によって決まる。より厳密に言えば、遺伝子の問題なのである。

酒が人体に影響を及ぼす仕組みを見ていこう。

酒に含まれるアルコールが体内で分解されると、「アセトアルデヒド(acetaldehyde)」と呼ばれる有害な物質が生成される。このアセトアルデヒドが人体に悪影響を及ぼし、二日酔いなどの悪酔いの原因となるのだ。

そして、人体には、このアセトアルデヒドを分解する酵素も存在する。これは「アセトアルデヒド脱水素酵素(aldehyde dehydrogenase)」と名付けられ、一般に「ALDH」と呼ばれている。そして、ALDHの一つである「ALDH2」が特にアセトアルデヒドの解毒作用に寄与するとされている。

このALDH2と呼ばれる酵素を作る遺伝子が12番染色体(chromosome)に存在するのだが、どうやら今から2万年前程昔に、中国大陸の黄色人種の遺伝子に突然変異が起こり、この酵素を作る働きが弱い人たちが誕生した。これが「下戸」の誕生だと言われている。

日本には、中国大陸から弥生人が渡来したが、この弥生人の中に酒に弱い遺伝子を持つ人たちも含まれていたため、日本人も酒に弱い遺伝子を持つようになったとされている。ちなみに、白色人種や黒色人種は、この酒に弱い遺伝子を持たないという。

 


カテゴリ: 雑学と豆知識

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!