1. TOP
  2. 政治・政治家・公務員
  3. 政治家・議員
  4. 小池知事 希望の党代表を辞任する意向 党の態勢の構築に一定のめど

小池知事 希望の党代表を辞任する意向 党の態勢の構築に一定のめど

2017年11月14日、東京都の小池百合子知事は、希望の党代表を辞任したいという意向を周辺に伝えたという。

小池都知事は、今後都政の運営に専念することになりそうだ。

党の態勢の構築に一定のめど

14日に行われた希望の党の両院議員総会で、新しい執行部が、玉木雄一郎共同代表のもとで発足する見通しとなった。

これを受け、小池知事は、党の態勢の構築に一定のめどた立ったと判断。代表を辞任したいという意向を周辺に伝えたという。



カンタはこう思う

先の衆議院選挙では、希望の党は過半数を上回る235人の議員を擁立したものの、50議席の獲得に止まった。

こうした結果を受け、党内からは小池氏の辞任を求める声も出ていたが、小池氏は「創業の責任がある」として、代表に止まることを選択していた。

今回、党運営に一定のめどが立ったということで、小池氏は辞任する意向を周囲に伝えたという。

これから小池氏は都政に専念することになりそうだが、これで良かったのではないだろうか。

ただ、小池氏という求心力を失うことになる希望の党に期待をする人は、どれだけいるのだろうか。

小池百合子写真集 YURiKO KOiKE 1992-2017

参考資料:
・『小池知事 希望の党代表辞任の意向 周辺に伝える』、NHKニュース、2017年11月14日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171114/k10011222981000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

カテゴリ: 政治家・議員

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!