1. TOP
  2. 事件
  3. いじめ・虐待
  4. 小学1年生にカビが生えたパンや古くなった牛乳を食べさせる 福島県 岩瀬郡鏡石町立第一小学校

小学1年生にカビが生えたパンや古くなった牛乳を食べさせる 福島県 岩瀬郡鏡石町立第一小学校

福島県鏡石町の町立第一小学校で、当時1年生の担任だった20代の女性教員が、複数の児童に古くなった給食を無理やり食べさせていたことが分かった。

女性教員は、2015年から2016年にかけて、食べ残されてカビが生えたパンや古くなった牛乳を複数の児童に無理やり食べさせていたようだ。

2017年5月に、児童の1人が自宅でカビの生えた食べ物を見た際に、学校で経験したことを母親に話したことで発覚したという。

調査の結果、当時のクラスの児童25人のうち、3人が古い給食を食べさせられたと話したという。また、別の20人が、教員から古い給食を食べるように言われたり、他の児童が食べさせられるのを見たという。

教員が行った体罰(被害者側の説明も含む)

・カビの生えたパンを教室の棚の下から出されて、「食べなさい」と言われた。

・前日から数日前に残したパンやごはん、それにサラダなどを給食に出されて、食べないと、その日の給食を食べさせてもらえず、しかたなく食べた。

・残した牛乳が朝、机の上に置かれていて、「何とかしなさい」と言われて飲んだ。

・給食を食べられずにいたら、立ったまま授業を受けさせられた。

・カビが生えたパンを泣きながら食べさせられていた。

・甲殻類や牛乳にアレルギーがある児童に対して無理やり食べさせたり飲ませたりした。

・教員から無理強いをされたものの、食べなかった児童が腕を爪でぎゅっとされたり、おなかをお盆で押されたりしていた。

・残しそうなので取り分けるときに少なくするように言ったら、わざと多くされた。

教員は「給食を残す児童に食べ物の大切さを教えたかった」と説明したという。また、「行き過ぎた指導をして反省している」と話し、採用期間が終了した13日付で退職したようだ。




カンタはこう思う

この問題は、教員が「反省をしている」という弁を垂れただけで済む問題ではない。

まだ自分で抵抗もできず、何がおかしいのかも自分で判断ができない小学校1年生という幼い児童に対して、大人が無理やり行った体罰かそれ以上のものだろう。刑事罰も適用されるべき問題だと感じる。

もしこの教員が、何のお咎めも受けず謝罪も行わずに済むとすれば、かなりおかしいことだ。退職したからそれで済む問題ではない。

なぜ学校は、それだけで済まそうとしているのか。理解に苦しむ。学校は、子供を守るべきで、教員や同業者を守るための組織ではない。

教員は「給食を残す児童に食べ物の大切さを教えたかった」と言い訳しているようだが、カビの生えたパンや腐った牛乳を飲ませることで本当にそんなことが教えられると思っていたのだろうか。教員はそういうことを教育課程で学んできたのだろうか。

私には、自分の問題や不満などのストレスを児童虐待という形で発散しただけのようにしか思えないのだが。

芦屋の給食 オシャレな街のおいしい献立

 

参考資料:
・『教員が児童にカビ生えたパン食べさせる 福島』、NHKニュース、2017年6月17日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170616/k10011020581000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!