1. TOP
  2. 科学・IT
  3. 驚きサイエンス
  4. 果物(フルーツ)で脳が大きくなった?|驚きサイエンス

果物(フルーツ)で脳が大きくなった?|驚きサイエンス

2017年3月27日に発表された研究論文によると、人間の脳が大きく強力になった背景には、果物の摂取が関係しているという。

果物を食べることにより、葉などの基本的な食糧よりも豊富なエネルギーを摂取できるようになり、これが脳を大きく成長させたという。

確かに、フルーツには、植物とは異なる栄養素が豊富に含まれていることが多い。特に、糖分やビタミンが豊富だと感じるね。

研究者アレックス・デカーシエンの主張

論文の責任著者は、米ニューヨーク大学(New York University)の研究者であるアレックス・デカーシエン(Alex Decasien)氏。論文が発表されたのは、米科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology and Evolution)」である。

彼によると、フルーツにより、人間は非常にに巨大な脳を手に入れ、食物の質を大幅に拡大して現在の食事に繋がったらしい。

今回の研究によると、果物を食べる霊長類は、葉を主食とする霊長類よりも、約25%大きな脳を持っているという。

つまり、果物を食べる霊長類と葉っぱを主食とする霊長類の脳の大きさを比較したということだろうか。着眼点が面白いね。

これまでの説との相違点

1990年代半ばから主流となっている説では、複雑な社会集団を営む上で、脳が大型化されていったというものだった。今回の研究は、この従来の説とは異なるものだ。

デカーシエン氏によると、従来の説における社会集団での生活は、知能を高めた可能性があるものの、脳の大脳皮質(灰白質)の大きさには関係していないと指摘する。

確かに一理ある。さらにいえば、果物により、知能の器が広がり、集団生活を生き延びることにより、その知能の質が高まったということだろうか。

大きな脳はより多くのエネルギーを必要とする

大きい脳を維持するにも、果物のような豊富なエネルギー源が必要であるという。

人間の脳は体重の2%なのに、全エネルギーの25%を消費しているという。デカーシエン氏は言う。「脳は、非常に高くつく臓器」であると。

大型の脳を維持するためにも、やはり果物が必要であったということだね。

そういえば、色んな研究機関が推奨する食物摂取でも、穀物や野菜とか卵などのタンパク源の他に、かならず果物も入っている。フルーツは、私たちの脳を健全に維持するには欠かせないものなのだ。

まあ、最近は飽食の時代なので、どちらかというとエネルギー過多のような気もするけれど。

参考資料:
『人間の脳の大型化、果物が後押しか 研究』、AFP、2017年3月28日、http://www.afpbb.com/articles/-/3122959


カテゴリ: 驚きサイエンス

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!