1. TOP
  2. 科学・IT
  3. 大腸菌のDNAに「ゲノム編集」で画像・動画データを保存・読み出しに成功 米ハーバード大学が「ネイチャー」で発表

大腸菌のDNAに「ゲノム編集」で画像・動画データを保存・読み出しに成功 米ハーバード大学が「ネイチャー」で発表

2017年7月12日付の科学雑誌『ネイチャー』に、動画データを細菌のDNAに保存し読み出すことに成功したとの論文が発表された。

論文を発表したのは、アメリカのハーバード大学のグループ。

論文によると、生物の遺伝情報を自在に書き換えられる「ゲノム編集」の技術を使って、生きている細菌のDNAに動画のデジタルデータを保存し、読み出すことに成功したという。

デジタルデータとDNAの塩基配列に注目

デジタルデータは、0と1の情報を組み合わせて構成されている。

ハーバード大学は、生物のDNAがA, T, G, Cという4種類の塩基が並べられて構成されていることに注目し、デジタルデータの0と1をA, T, G, Cの塩基に置き換えるルールを作った。

そして、デジタル写真や動画の各画素の色合いを4種類の塩基に置き換えた配列を人工的に作り、それをゲノム編集の技術を使って生きている大腸菌のDNAに組み込んだようだ。

そして、その配列を組み込んだ大腸菌のDNAからデータを読み込んだところ、90%以上の正確さで写真や動画が再現できたという。

菌は寿命が来ると死んでしまうが、分裂して生まれた子供や孫にはDNAが受け継がれる。この性質を利用すれば、組み込まれたデータを後世に残すことも可能だという。

カンタはこう思う

データを保存する場合、データ自体は永久的に保存できるが、データを記録する記録媒体やメディアの寿命が問題である。

一般的な光ディスクの寿命は、数十年から100年くらいと見られているようだ。物質にデータを保存するという方法を採っている限り、物質の経年劣化によるデータの損失というリスクを抱えることになる。

今回発表された技術を使えば、DNAが受け継がれる限り、もしかしたら半永久的にデータを残せるようになるかもしれない。貴重な画像や映像のデジタルデータを数百年・数千年後の未来に残せるようになるかもしれないのだ。

将来は、DNAが記録媒体で使われることになるのかもしれない。生き物が記録媒体で使われるということで、ちょっと怖い感じもするが。

参考資料:
・『大腸菌のDNAに動画データを保存 米の研究グループが成功』、NHKニュース、2017年7月14日、http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170714/k10011058141000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!