1. TOP
  2. 科学・IT
  3. IT・コンピュータ
  4. AndroidユーザのためのiPhone講座
  5. iPhone の「メモ」には「スキャナ機能」がある!これで書類の保存もバッチリ 使い方を分かりやすく説明

iPhone の「メモ」には「スキャナ機能」がある!これで書類の保存もバッチリ 使い方を分かりやすく説明

iPhone には、「メモ」というアプリが標準に備わっている。

この「メモ」、単に文章でメモを残すだけでなく、なんと書類などをスキャンして残すことができる「ドキュメントスキャナ」機能が備わっていることを知っている人は少ないのではないだろうか。

これまでは、Evernote や CamScanner などのアプリを使ってスキャンしていた人もいるかもしれないが、そういうアプリをインストールしなくても、スキャンが手軽にできるようになっている。

使い方も簡単で、何よりかなり質の高いアプリなので、ぜひ使ってみて欲しい。

「メモ」のスキャナ機能の使い方

「メモ」のスキャナ機能の使い方は、至ってシンプルだ。

まず、「メモ」のアイコンをタップして開く。

初期設定では、たいてい最初の画面にあるだろう。

すると、「メモ」というタイトルの画面が開く。

過去にすでに使ったことがあって、保存してあるメモがある場合は、右下の新規作成のアイコンをタップすれば、「メモ」が開く。

画面の下にキーボードがあり、そのキーボードの上の方に「+」のアイコンがあるので、それをタップすると、メニューが開く。

そのメニューの一番上に、「書類をスキャン」という項目があるので、それを選択すればOKだ。

すると、カメラが起動するので、スキャンしたい書類を机の上などにおいて、撮影する。

なお、撮影した画像のスキャン範囲は自動的に設定されるが、撮影後にスキャン範囲の角を動かすことで、スキャン範囲を手動で設定することができる。

スキャン範囲を決定した後は、右下にある「スキャンを保持」をタップする。

最後に、「保存」をタップすれば、そのスキャン画像がメモとして保持される。


当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!