1. TOP
  2. 科学・IT
  3. IT・コンピュータ
  4. WordPress
  5. 【WordPress】データをバックアップするには?トラブルに備えてデータを自動的に保存

【WordPress】データをバックアップするには?トラブルに備えてデータを自動的に保存

WordPressでは、サイトと異なり、データはサーバー上に置かれている。滅多に起こらないと思うけれど、そのデータが消えてしまう可能性も無くはない。

そこで、自分が蓄積したWordPressのデータのバックアップを取っておければ安心だ。今回は、WordPressデータのバックアップに便利な方法を紹介しよう。

プラグイン「BackWPup」

WordPressデータのバックアップは、プラグイン「BackWPup」を使えば、簡単にできる。

まず、「プラグイン」の新規追加で「BackWPup」と検索してみると、すぐにヒットすると思う。

このプラグインを選択し、ダウンロードとインストールをする。最後に有効化すればオッケーだ。

「BackWPup」の設定

有効化が完了すると、ダッシュボードの左側メニューに、「BackWPup」という項目が追加されていると思う。

この「BackWPup」を選択し、「Add new job」をクリックする。

最初に開くタブで、「Job Name」に好きな名前を入力し、「Job Tasks」でバックアップ操作の内容の項目を選択。全ての項目にチェックを入れても良いだろう。

「Archive name」で好きなバックアップファイル名を付けることができるが、初期設定のままでも良い。

「Archive Format」で、バックアップファイルのファイル形式を選択。通常は、.zip で問題ない。

「Job Destination」で、バックアップファイルの保存先を設定。自分のパソコンのハードディスク内のフォルダや「Dropbox」などを選択できる。

「Schedule」タブでは、バックアップのスケジュールを設定することができる。「with WordPress cron」を選択すれば、自分で設定したスケジュールで自動的にバックアップが行われる(「with WordPress cron」を選択すると、スケジュール設定の項目が出現する)。

全て設定が終われば、「Save changes」をクリックして完了である。


カテゴリ: WordPress

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!