1. TOP
  2. スポーツ
  3. アスリート・スポーツ選手
  4. サッカー ドイツのエジル選手 移民差別で代表引退か 「もうドイツのためにプレーしたいと思わない」

サッカー ドイツのエジル選手 移民差別で代表引退か 「もうドイツのためにプレーしたいと思わない」

サッカーのドイツ代表で活躍したメスト・エジル(Mesut Özil)選手が、代表を引退する意向を表明したという。

エジル選手によると、自身がトルコ系移民と言うことで、差別的な扱いを受けたことが原因のようだ。

トルコのエルドアン大統領との面会

2018年5月、エジル選手は、トルコのエルドアン大統領と面会した。

エルドアン大統領は、しばしば強権的・独裁的と批判されることが多く、その大統領と選挙期間中に面会していたことが問題視された。

スポーツと政治とを切り離すことが好ましいとされる現代スポーツにおいて、スポーツ選手が政治に利用されたのでは、という疑念が起こったようだ。

エジル選手

エジル選手は、ドイツ生まれではあるが、両親はトルコにルーツを持つ。トルコ系移民の3世。

ドイツの司令塔として、2014年のワールドカップではドイツを優勝に導き、今年のワールドカップでも出場した。

今年のワールドカップでドイツが1次リーグ敗退となった後、トルコ系移民ということで差別的な扱いを受けたようだ。

自身いわく、「勝てばドイツ人だが、負ければ移民だ」と述べたという。

そして、スポンサー企業はテレビコマーシャルの撮影なども中止となり、「もうドイツのためにプレーしたいと思わない」と述べて、代表からの引退を表明したようだ。

カンタはこう思う

エジル選手は、私も好きな選手の一人で、突然の代表引退の表明には驚いた。そして、裏に人種差別的な問題があるとすれば、残念な限りだ。

2018年ワールドカップ・ロシア大会では、ドイツは1次リーグ敗退という憂き目にも会い、こういう悲惨な結果から司令塔であるエジルに批判が起こり、その矛先が「移民」というルーツにも向かったのではないかと思われる。

ロシア大会でのドイツのプレーは、技術的というよりも、メンタル的な部分で迫力に欠けていた。こういう移民差別の風潮がドイツのプレーに影響を与えていたのではないか、と勘繰りたくなってくる。

ヨーロッパでは、移民などが深刻な社会問題となっており、社会全体として移民をどう扱うか、ということに対して多くの人が注目している。そんな最中、「移民差別」を理由とした代表引退の報道は、どういう影響を与えるのだろうか。

参考資料:
・『サッカー ドイツのエジル選手 “移民差別”で代表引退の意向』、NHKニュース、2018年7月23日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180723/k10011544531000.html?utm_int=news_contents_news-main_007

 


当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!