1. TOP
  2. スポーツ
  3. テニス
  4. ジョコビッチが偉業を達成!「ゴールデン・マスターズ」とは?

ジョコビッチが偉業を達成!「ゴールデン・マスターズ」とは?

2018年8月19日、アメリカのシンシナティで行われたW&Sオープン(ウェスタン・アンド・サザーン・オープン、ATP1000)の決勝で、ノバク・ジョコビッチが優勝した。

これで、ジョコビッチは「ATPマスターズ1000」の全9大会を制覇し、ゴールデン・マスターズ」を達成したことになる。

ストレートでフェデラーを下して優勝

19日に行われたシンシナティ大会の決勝は、ジョコビッチ対ロジャー・フェデラーのBIG4同士の対決となった。

この試合で、ジョコビッチはフェデラーを6-4, 6-4のストレートで下し、同大会初優勝を果たした。

このシンシナティ大会は、これまでジョコビッチが唯一優勝できていなかったマスターズ1000の大会。今回優勝したことで、マスターズ全9大会を制覇する偉業を達成した。

ゴールデン・マスターズとは何か

ゴールデン・マスターズ」とは、ATP1000のカテゴリーに入る「マスターズ」と呼ばれる全9大会を全て制覇すること

なお、4大大会全てを制覇するグランドスラムでは、一年間で達成する「年間グランドスラム」とキャリアを通じて達成する「キャリア・グランドスラム」とで区別されることがある。

今回のジョコビッチのケースでは、キャリアを通じて「ゴールデン・マスターズ」を達成したので、厳密には「キャリア・ゴールデン・マスターズ」と呼ばれたりする。ただ、少なくとも日本語でこの表現を用いる例は少ない。

というのも、1年間でマスターズ大会全てを制覇することはおろか、キャリアを通じて「ゴールデン・マスターズ」を達成するのは、ジョコビッチが史上初で、フェデラーやナダルでさえ達成していない偉業なのである。

すなわち、「ゴールデン・マスターズ」は、「グランドスラム」よりも格段に達成することが難しいことなのだ。

ジョコビッチ完全復活か

これまでの試合でも、徐々に以前のような強さが出てきているのを感じていたが、今回の優勝で、ジョコビッチは完全復活を遂げたと言っても過言ではないのではないだろうか。

ジョコビッチvsフェデラー

ジョコビッチとフェデラーは、今回の決勝戦が46度目の対戦となり、勝敗は、ジョコビッチの24勝22敗となった。

うーむ、まさにライバル同士である。

最近は、アレクサンダー・ズベレフなど将来が楽しみな若手も台頭してきているが、まだまだBIG4達は大きな壁となって立ちはだかる。


カテゴリ: テニス

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!