1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 愛媛県庁に1億円が入った段ボールが届く 寄付した送り主は?

愛媛県庁に1億円が入った段ボールが届く 寄付した送り主は?

2019年1月29日、愛媛県庁に大量の一万円札の束が入った段ボール1箱が届いた。

確認したところ、札束は合計で約1億円ほどの額になったという。

段ボールは、中村知事宛てで届けられたそうだ。

一体、誰が1億円もの札束が入った段ボールを送ったのだろうか。そして、その意図とは?

1億円の札束

段ボールに入っていた札束は、約1億円ほどの金額になるそうだが、状態はかなり悪い。

湿気などの影響で、かなりボロボロの状態だ。札束同士がくっついて、塊のような状態になっている部分もある。表面が剥げているように見えるものもある。

また、札束の肖像は、全て「福沢諭吉」だが、現在発行されているものとはデザインが異なり、どうやら昭和59年から発行された現在よりも古いものであるそうだ。

ちなみに、これらのお札は、日本銀行に調査してもらい、新しいお札に交換してもらうそうだ。

1億円の送り主は?

それにしても、約1億円分もの段ボールを寄付した送り主は一体誰なのだろうか。

段ボールには、手紙が添えられていた。

その手紙には、以下のように書かれていたという。

「何かの役に立ててほしい。差出人の氏名や住所は架空です。そっとしておいてほしい」

つまり、匿名での寄付ということになる。

なお、手紙には架空のものとして氏名や住所が記載されていたようだが、今後、送り主が名乗り出た場合の確認のために、非公開となっている。

札束が古く、保存状態が悪いものであったことから、送り主は高齢の方か、もしくはその人に関係のある人物であると思われるが、現在のところ、送り主については分かっていないようだ。

お金自体は、新しいお札に交換すればもちろん使えるし、寄付されているものだから、何かしら有意義なことに使ってほしいものだ。

世の中を良くして自分も幸福になれる「寄付」のすすめ

参考資料:
『届いたものは… 1億円! 県庁に大量の札束届く 松山』、NHKニュース、2019年2月14日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190214/k10011814811000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002


カテゴリ: 時事・ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!