1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 風車倒壊の原因は「電源を切っていたから」 2018年台風で倒壊した北淡震災記念公園の風車について

風車倒壊の原因は「電源を切っていたから」 2018年台風で倒壊した北淡震災記念公園の風車について

2018年8月に発生した台風20号は、各地に大きな被害をもたらした。

その被害の1つが、「北淡震災記念公園」にあった風車の倒壊だ。

高さ40メートルもの風車が無残にも地面に打ち付けられた破壊された映像はかなりショッキングだった。

今回、この風車の倒壊原因が、「倒壊防止機能の電源を切っていた」ことであるという驚きの調査結果が新たに判明した。

風車が倒壊した原因とは

確かに2018年の台風20号は激しかった。各地に大きな被害をもたらしたのは記憶に新しいところだ。

それでも、台風が来るということは容易に予想できることだ。台風がいくら強かったとはいえ、そのために倒壊するような風車を立てるだろうか?

風車を管理する淡路市がそんな風に考えたのかは知らないが、ともかく専門家などに倒壊原因を調査するよう依頼した。

調査の結果、風車が倒壊した原因は、台風による強風によって風車の回転数が限度を超えたことであることが判明した。

そして、風車の回転数が限度を超えたのは、それを防ぐ「倒壊防止機能」の電源が切られていたことが原因だったということも分かったのである。

風車の「倒壊防止機能」とは

風車は、風の力を受けて羽根を回すことにより発電するものだが、あまりにも強風であった場合は、倒壊などを防ぐ目的で回転数を抑える機能があるという。

そして、今回の調査で、この羽根の回転数を抑える機能が正常に働いていなかったことが判明した。

その機能が正常に働かなかった原因は、なんと事故の半年以上前に、担当者がこの機能の電源を切っていたからだという。

なぜ倒壊防止機能の電源を切った?その理由とは?

どうしてこの風車の管理担当者は倒壊防止機能の電源を切ってしまったのだろう。

どうやら、この風車は、おととしの落雷で故障してしまっていたようだ。そして、その故障により、発電ができなくなっていたのだという。

また、この風車は取り壊す予定であったようだ。

つまり、故障して発電能力もなく、取り壊す予定の風車であったために、電源も必要ないと担当者が早合点してしまったために起こった事故だと思われる。

担当者も、もしかしたら節電のために良かれと思ってやったのかもしれない。発電もしない、取り壊しも決まっている風車の電源を入れたままにしておくのは、確かにもったいない。

そして、よもや強風による倒壊防止機能があるなんてことは知らなかったかもしれない。しかし、それが理由だとすれば、教育不足の感は否めない。

そして、人身事故に繋がらなかったのは幸いだったが、組織全体として危機管理の意識が低かったのではなかろうか。

巨大設備の管理には気を付けてほしいものだ。

元手なし!手ぶらで始める 時給100万円の小形風力発電権利ビジネス

参考資料:
『風車倒壊 原因は「倒壊防止機能の電源を切っていた」兵庫 淡路』、NHKニュース、2019年2月25日、https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190225/k10011827761000.html?utm_int=all_side_ranking-access_003


カテゴリ: 時事・ニュース

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!