1. TOP
  2. スポーツ
  3. テニス
  4. プロテニス選手の三橋淳 永久資格停止に 日本人選手で初めて 八百長行為により

プロテニス選手の三橋淳 永久資格停止に 日本人選手で初めて 八百長行為により

2017年5月16日、テニスの八百長を調査する組織、テニス・インテグリティ・ユニット(TIU、テニス腐敗防止委員会)は、日本人のプロテニス選手である三橋淳に対し、永久資格停止と罰金5万ドル(約570万円)の処分を科した。

TIUによると、三橋元選手は、2015年11月に、南アフリカで行われた大会で、シングルスの試合で2000ドル、ダブルスの試合で600ドルで他の選手にわざと負けるように持ち掛けたという。

これらの八百長は、かつてコーチをしたことがあり知り合いでもあったJ.チェティ選手を通じて持ち掛けたものだが、当のチェティにも2016年9月に永久資格停止の処分が下されている。

また、同年12月にナイジェリアで行われた大会では、他の選手に直接八百長を持ちかけたり、テニスの試合への賭けを76件も行っていたという。テニスの試合へ賭けることは全選手に禁止されている。

さらに、三橋元選手は、TIUの調査に協力もしなかったらしい。TIUから連絡するように要請されていながらも、その要請を拒否したりしていたようだ。

今回の処分は、当然といえよう。

日本人で処分を受けた最初の選手となったということで残念だ。

三橋元選手は、今後大会や試合に出場できないばかりか、会場やプロテニス組織が管轄するイベントなどにも立ち入りできなくなる。

三橋淳(みつはしじゅん)元選手

1989年生まれで、現在27歳。イギリスで生まれた。

自己最高の世界ランキングは、295位で、2009年に記録した。

テニス・インテグリティ・ユニットとは

テニス・インテグリティ・ユニット(Tennis Integrity Unit、TIU)は、テニスにおける八百長の申し立てを調査する組織。テニスの不正監視団体と説明されることもある。

参考資料:
・『日本人初、八百長で永久追放』、tennis365.net、2017年5月16日、http://news.tennis365.net/news/today/201705/114448.html

カテゴリ: テニス

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!