1. TOP
  2. 時事・ニュース
  3. 国際ニュース
  4. カナダニュース
  5. 【動画】13年前に失った婚約指輪を「にんじん」が届ける

【動画】13年前に失った婚約指輪を「にんじん」が届ける

まるでおとぎ話のような話である。

だって、13年前に失ったダイヤモンドの指輪を「にんじん」が届けてくれたのだから。

13年前に婚約指輪を失う

カナダに住む84歳女性のメアリー・グラムス(Mary Grams)さんは、13年前、農場でダイヤモンドの婚約指輪を無くしてしまった。

メアリーさんは、あらゆる場所を探し回ったが、どうしても指輪は見つからなかったという。「何度も泣きました」とメアリーさんは語る。

指輪は、夫となったノーマン(Norman)さんが1951年に彼女にあげたもので、それ以来50年以上指にはめ続けていたものだったという。

夫には告げず

何日も探し回ったが、指輪は結局見つからず、メアリーさんはそのことを夫に話さないことにした。

「宝飾屋で安い指輪を買いました。息子にはそのことを話しましたけど、他には誰にも言いませんでした。」

夫のノーマンさんは5年前に亡くなった。60回目の結婚記念日のすぐ後のことだったという。ノーマンさんは、指輪が替わっていたことに気付かなかったらしい。

婚約指輪が見つかる

その後も、婚約指輪を紛失していたことは秘密にしていたが、今週初め、メアリーさんの義理の娘が指輪をはめたニンジンを持ってきたという。

「すぐに無くした婚約指輪だと気づきました。義理の娘が、昨日、夕食用の人参を採っていた時に見つけたのです。」とメアリーさん。

義理の娘のコリーン(Colleen)さんは、その人参を採ったときは指輪には気が付かなかったそうだ。形が変だったので、犬にあげようとしたけれど、思い止まったのだという。そして、そのニンジンを洗ったところ、指輪がはまっていたことに気が付いたらしい。

コリーンさんは、その指輪が祖母か、義理の母のものに違いないと考え、夫に相談した。そして、夫、つまりメアリーさんの息子は、昔メアリーさんが指輪を無くした話を思い出した。

13年ぶりに見つかった婚約指輪は、メアリーさんの指にスルッとはまったという。

「ジュエリーショップに行かないといけないと思いましたが、指輪はピッタリでした。」とメアリーさんは語った。

他にも似たような話

実は、類似する話は、他にもあるようだ。

2012年には、スウェーデンで人参を収穫していた女性が、17年前に紛失したホワイトゴールドの指輪をはめたニンジンを発見したという話がある。

また、去年の2016年には、ドイツ人の男性が、3年前に無くした自分の結婚指輪が人参にはまっているのを発見したというニュースがあったという。



カンタはこう思う

いくら人参を畑で育てていたとしても、ニンジンが指輪をはめた状態で育つというのはすごい偶然だと思う。

それでも、似たような話は他にもあるようで、なかなかロマンチックである。

でも、もし義理の娘のコリーンさんが指輪に気付かず、そのニンジンを犬に与えていたとしたら…。もしかしたら話はロマンチックではなく、少々「臭い」話になっていたかもしれない。

というか、畑で指輪を無くす人が結構いるということにも驚いた。

農作業で収穫しているうちに、何らかの理由で指から抜け落ちてしまうのだろうか。そして、気づいたときにはすでに遅し、ということなのだろう。

農作業をしている方は、指輪を無くさないように気を付けた方が良いだろう。

もちろん、ニンジンを育てている方は、将来ニンジンが届けてくれる幸運があるかもしれないので心配ないかもしれないが。

参考資料:
・Canadian woman, 84, finds long-lost diamond ring wrapped around carrot, the guardian, 16 August 2017, https://www.theguardian.com/world/2017/aug/16/canadian-woman-engagement-ring-carrot#img-1

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!