1. TOP
  2. スポーツ
  3. アスリート・スポーツ選手
  4. 【動画】ナダル 試合に敗北も「勝者のために待つ」 敗北しても気品を失わないナダルに称賛の嵐

【動画】ナダル 試合に敗北も「勝者のために待つ」 敗北しても気品を失わないナダルに称賛の嵐

2017年7月10日、テニスのウィンブルドン選手権の男子シングルス4回戦で、ラファエル・ナダルジレ・ミュラーと対戦。5時間近く続いた死闘で、ナダルは敗北した。

優勝候補のナダルは敗退となったものの、その試合後のナダルの行動に称賛の嵐が起こった。

ナダルは、ベンチで準備を終えた後、立ち去る際に、勝者であるミュラーが退場の準備を終えるまで待っていたのだ。

その姿に感銘を受けた大会公式ツイッターが、「Class in defeat(敗北の中にも品格)」と動画付きで紹介したところ、称賛する声が相次いだ。

カンタはこう思う

5時間近くの試合を終えて敗退してしまったのだから、体力的にも精神的にも疲労困憊であるナダルは一刻も早くその場を離れたかっただろう。

それでも、ナダルは、勝者を称えるために、ミュラーと一緒にコートを去ることを選択した。その行動を観た観衆は、スタンディングオベーションでナダルを称賛した。

また、ナダルは、退場前に子供たちのサインにも応じた。

こういう姿を子供たちが目の当たりにするのはとても良いことだと思うし、ナダルが世界中で愛されている所以でもあるだろう。

ラファエル・ナダル 自伝

ナダル・ノート すべては訓練次第

参考資料:
・『ナダル、敗戦後の“20秒の直立”に称賛の嵐 「本物の紳士」「断トツの品格」』、THE ANSWER、2017年7月11日、https://the-ans.jp/news/6250/

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!