1. TOP
  2. 歴史
  3. Cognitive Revolution とは何ぞや?2つの「認知革命」

Cognitive Revolution とは何ぞや?2つの「認知革命」

少し前に話題になった Yuval Noah Harari 著の Sapiens: A Brief History of Humankind によると、人類に影響を与えた革命が3つあるという。

すなわち、

the Cognitive Revolution(認知革命)

the Agricultural Revolution(農業革命)

the Scientific Revolution(科学革命)

である。

この本は、これら3つの革命がどのように人間に影響を与えたのかを物語る本だ。

2つの「認知革命」

上に挙げた3つの革命のうち、the Cognitive Revolution は7万年前に起こったとされる。この革命により、「fictive language(虚構の言語)」が生まれたという。

この「認知革命」では、人間の認知能力が飛躍したとされている。

さて、実は「cognitive revolution」と呼ばれるものには、本書で述べられているような「認知革命」以外に、もう一つある。

もう一つの「cognitive revolution」は、認知科学上における「認知革命」である。

こちらは、1950年代に起こった知的活動につけられたもので、認知科学を産み出すきっかけとなったものだ。

認知科学とは、人間などの知的活動や認知機能の解明を目的とした学問で、心理学や神経科学など多岐の分野にわたる。

一方の認知革命が「人間の認知能力の飛躍」を表現するのに対し、もう一方の認知革命が「人間の認知能力の解明」を目的としているということで、両者はある意味対照的な意味を持つ。

ある事象の発現とその事象の解明に同じ用語が用いられている。この点は、結構面白い。


Sapiens: A Brief History of Humankind

参考資料:
Harari, Yuval Noar, Sapiens: A Brief History of Humankind, Penguin Random House, 2011

カテゴリ: 歴史

当サイトの公式ツイッターアカウントをフォローして、最新記事を受け取ろう!